読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうら、フリーライターになるってよ。

フリーランスでライターをしている柚木ゆうらのブログ。ライターとしてのお仕事のこと、フリーランスとしての働き方、育児のことなど雑多に書き記します。

クラウドワークスでスカウトがめっちゃ来るようになった話

f:id:xyurax:20161107231759j:plain

11月が始まり早一週間と少し。継続の仕事に加え、新しい仕事もいくつか抱えるようになって一人てんやわんやしています。柚木です。

 

さて、私はクラウドワークスも登録しているのですがここ最近になってめっちゃスカウトが来るようになりました。スカウトの嵐や~!って言ってみるとちょっとテンション上がりますね!!

 

本格的にクラウドワークスを始めてみて早一ヶ月とちょっと。

何故このタイミングでスカウトが集中し始めたのかを、少し考えてみました。

 

プロフィール写真を変えた

一ヶ月前くらいまではプロフィール画像がほぼ初期設定のままでした。

しかしですよ、プロフィールって言わばクラウドワークス上における名刺がわりのようなものなんじゃない?ポートフォリオも兼ねてるんじゃない!?と思い、途中でイメージ写真に変えました。

顔は隠れているけど、何となく人となりが伝わりそうな人物写真をアイコンに設定。

これが良かったのか、写真アイコン(顔自体は隠れている)にした途端、スカウトがちらほら来るようになりました。

あと、気のせいかもしれないけど提案採用率も上がった気がします。

顔を出したくない人は上手く顔を隠した写真とか、後ろ姿とかでもいいと思います。

できるだけ明るい雰囲気の写真にするとより良いかもしれません。

プロフィール画像は、あなたの宣伝写真でもあり、パッケージです。

発注する側がまず見るのはプロフィール画像

その人の雰囲気が分かりやすいものだと「おっ」となり、次にプロフィール内容や実績を見てスカウトに発展していくのではないでしょうか。

スカウト面だけでなく、提案採用率も上がる気がするのでなかなか声が掛からない!と悩んでいる方は、まずプロフィール画像をいい感じにするんだ!!と声を大にして言いたいです。

 

プロフィール情報も手直し

プロフィール画像をちゃんと設定したと同時に、プロフィール内容も少し手直ししました。

今までは簡潔な自己紹介+意気込みのようなシンプル~なプロフィールだったのですが、得意なジャンル興味のある分野というのを追加して記載してみたのです。

意外と発注する側ってそういうところを見ているものなんですよね…

プロフィールに添えてあった得意ジャンルや興味のあるジャンルに関する依頼が、ぐっと増えたのはこれのおかげだと思います。

スカウト文にも「プロフィールを拝見して~」って来ますもん。

得意とまではいかないけど、興味があってゆくゆくは足を踏み込んでみたい分野に関しても惜しまず書いていいと思います!レッツアピール!!

クラウドソージングってカテゴリにおいては、もう動いたもんがちです。提案もしたもんがち。

こちらから動かずして、スカウトだけ来ないかな~なんて都合よくもいきません。

提案もプロフィールも攻めの姿勢で行けば、良案件に恵まれる可能性がぐっと高まります。

攻めの姿勢といっても、丁寧な態度は崩さずに、自己アピールをしていきましょうね!

 

タスク件数が100件超えた

これも理由の一つなのかな、と思います。執筆と執筆の合間に~とか息抜きでこつこつやっていたタスク案件がですね、気付けばゆうに100件は超えていました。

クラウドワークスをはじめたばかりの頃は、提案するのすら臆してしたのでタスクばかりこなしていたんですよね。

結局、それが後になって良い結果を招いたともいうか。

 

発注する側は実績を重視する部分もあるので、まずは実績を積むところからスタートします。

提案するときも実績がある人のほうが採用されやすいですしね。

タスク案件は数十円とか、数百円とかざらですけどチリも積もればなんとやら!

 

実績を効率よく積むには、自分の得意な分野のタスク案件をこなすと良いかもしれません。

タスクを重ねれば自然と実績も積み重なり、スカウトだけでなく提案採用率も高まる、というわけですね。

 

タスクからの依頼がくることも

タスク案件はこなして終わり~かと思いきや、作業したタスクのクライアントさんから個別にお声が掛かることもあります。

タスクと言えども、お仕事はお仕事。誠実に作業をしていけば、その頑張りはクライアントさんにも伝わるということ。

逆を言えば、タスクだからと雑に仕事をしていては、プロジェクトのほうでもいつか粗が出てしまうと思います。金銭が発生している以上、仕事は仕事ですからね。

 

誠実に仕事をしていれば、個別に「以前書いてもらった文章が良かったので、ぜひお力を借りたい!」なんていう熱烈なスカウトが来ることもあります。

こういったオファーは純粋に嬉しいものです。

しかも、タスクからの個別スカウトは結構待遇が良いものもあります。

クライアント側が「この人にぜひお願いしたい!」とアプローチしてくるので、当然といえば当然なのかもしれませんが。

 

こうしてみると、日々の積み重ねが思わぬ好条件を呼び寄せるという結果に繋がるのかもしれませんね。

 

クラウドワークスやランサーズでばんばんお仕事したい~!スカウトされたい~!!って方は、とりあえず、、、

  • プロフィール画像を自分らしいものに変える
  • プロフィール文に得意ジャンル興味のある分野を記載する
  • 実績をとにかく積む
  • タスク案件でも丁寧に作業する

という点に気をつけてみると良いかもしれません。